FXインジケーター販売、トレードツール開発のエフエックス・コンセプツ:FX用語集

FX用語~ア行

FXで使われる専門用語の解説

Q&A形式になっており、用語をクリックするとリスト表示されます。

IFO(アイエフオー)
IFDとOCOを組み合わせた注文方法のことで、IF-OCOと表現される場合もあります。 IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法で、一次注文の指値注文(逆指値注文)に、二次注文としてOCO注文をすることを指します。
IFD(アイエフディー)
IFD(イフダン)とは「If Done」の略で、順番を決めた2つの指値(逆指値)注文を同時に出す注文方法のことを言います。 1つ目の注文を設定した後、予約で次の注文を出します。 2つ目の注文は指値注文でも逆指値注文でもOKで両方設定することもできます。 特に2つ目の注文に指値注文と逆指値注文の両方出すことをIFO注文と言います。
Outright(アウトライト)
直物為替や先物為替での一方的な売買取引のことで、売りなら売り、買いなら買いをそれぞれ単独で行います。
Ask(アスク)
プライスを提示する側(銀行など)の売値=FXで外貨を買うときに提示される金額の事を言います。 逆に売るときの金額はBid(ビッド)といい、アスクレートとビッドレートを両方提示してあるものを2WAYプライスと言います。 またアスクとビッドの差をSpread(スプレッド)と言います。
Amount(アマウント)
「取引量」、「取引単位」のことです。
Arbitrage(アービトレイジ)
裁定取引のことで、価格差により鞘取り(利益を得る)をしようとする取引で裁定取引とも言われます。 異なる市場で同じ商品が流通している場合、商品に価格差が生じその際に価格が高い市場で売り、 価格が安い市場で買うことでリスクを背負わずに利益を得ることが出来る取引を意味します。
ISM非製造業景況指数
アメリカの供給管理委員会(Institute for Supply Management)が発表する経済指標で、 アメリカ全土にある製造業以外の業種(主にサービス業)に聞いた、景況感アンケート結果のことです。
Income Gain(インカムゲイン)
「低金利通貨を売り、高金利通貨を買う」ことでスワップ金利収入を得る事を言います。 取引の特性から、より安い金利通貨を売り、より高い通貨金利を買うと利益が大きくなります。
Indicator(インジケーター)
テクニカル分析に用いるテクニカル指標や経済指標のことを言います。 Meta Traderのチャートに表示させることができ、「買い」や「売り」のサインを表示するタイプもあります。
Inter Bank Market(インターバンク)
世界の銀行、証券会社、外国為替仲介業者(ブローカー)が取引している市場のことを言います。 東京・ロンドン・ニューヨークは世界の3大市場と呼ばれ、為替相場はこのインターバンク市場を指しています。 銀行が顧客に対して取引を行うのは対顧客市場と言います。
Week Order(ウィークオーダー)
週末まで有効となる注文方法で、その週の最終営業日までに不成立の場合は自動的にキャンセルとなります。
Expansion(エクスパンション)
ボラリティが拡大することを言います。 エクスパンション発生時のトレンドはある程度継続する傾向があるので、一般的にはトレンド方向に順張りを仕掛ける目安とされています。
円高
日本以外の国の通貨(米ドル、ユーロなど)に対して円の価値が上がることを言います。 1ドル100円から1ドル99円になったときのことを指します。
円安
日本以外の国の通貨(米ドル、ユーロなど)に対して円の価値が下がることを言います。 1ドル99円から1ドル100円になったときのことを指します。
終値(おわりね)
営業日終了時についたレートのことで、引値とも言います。 外国為替市場では特定の取引所、市場が無いため、慣習上あるいは便宜上定められている場合が多いです。
OTC(オーティーシー)
Over The Counter 相対取引とも呼ばれ、市場などを経由せず売手と買手が直接取引する取引のことです。 金融では取引所を介さない取引全般を指す言葉として用いられます。
OCO(オーシーオー)
OCO注文とは2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文のことを言います。 通常は指値注文と逆指値注文を同時に出します。
Overshoot(オーバーシュート)
為替相場が予想外に大幅な変動を起こし、行き過ぎた相場展開の状況のことを言います。 よくポンド/円は非常に大きく動くことから「オーバーシュート」するケースがあります。
押し目
価格(取引レート)が上昇する場合でも、一定のリズムのもとで、軽く下落している局面があります。 全体としては価格(取引レート)が上昇している場合に見られる軽い下落や現象を「押し」又は「押し目」と言います。
Copyright © 2014 JUVENILE inc. All Rights Reserved.